若ハゲ治療安い

\若ハゲ治療のおすすめNo.1/

トップページ > ������������23���

「若ハゲ治療をしてみたいけど、費用や効果が不安。」

そんなお悩みを抱えていらっしゃいませんか?

当サイトでは、������������23���にお住まいの方に、若ハゲ治療に実績のあるおすすめのAGAクリニックをご案内しています。

「育毛剤を使用しても、食生活に気を配っても、あまり効果を感じられない…」

そのようにお感じになったことはないですか?

その若ハゲの原因、AGAの可能性があります。

若ハゲを治療するためには、自分の若ハゲの原因がAGAか否かを専門的に確認する必要があります。

そのためにまずは、信頼と実績のあるAGA治療専門のAGAクリニックで診断を受けることが重要です。

若ハゲや薄毛、抜け毛が気になる人にとって、「AGA」という単語はよく耳にする言葉かと思いますが、そもそも、AGAとは何かご存知ですか?

AGAは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」という意味の脱毛要因の一つです。

男性ホルモン(テストステロン)が還元酵素(5αリアクターゼ)と反応してできた「5αディハイドテストステロン」の働きによって毛母細胞の活力が低下していく症状のことを男性型脱毛症(AGA)と呼びます。

AGAによる薄毛のパターンは、

  • 生え際(おでこ、M字)から後退するタイプ
  • 頭頂部(つむじ、O字)から進行するタイプ
  • 全体的に万遍なく進行するタイプ

等があります。

AGA以外の薄毛要因は、脂漏性脱毛症、粃糠性脱毛症、円形脱毛症などがあり、これらの症状には若ハゲ治療を施しても効果が期待できません。

そのため、薄毛に悩んでいる方が最初に行うべきことは、ご自身の薄毛の原因がAGAか否かを判別するために、まずAGA治療専門の病院に行って専門のお医者さんに相談してみることなのです。

一人で悩んでいても何も解決しません。悩んでいる間にもどんどんと若ハゲは進行していきます。

若ハゲ対策はスピード勝負です。完全にハゲてしまってからでは元のフサフサに戻すのはとても困難です。

カウンセリングは完全無料ですので、できるだけ早めに無料相談を行い、若ハゲ対策を立てるべきです。

以下で信頼と実績のあるおすすめのAGAクリニックを厳選しましたので、まずはこちらでの無料相談をおすすめします。

若ハゲでお悩みの方におすすめ
\AGAクリニックランキング/

月額3,400円から手軽に始める若ハゲ治療!
評価カウンセリング店舗
★★★★★無料全国49院
  • 発毛実感率99.4%
  • 通える!全国に49院も
  • 高品質・高濃度のオリジナル治療薬

【発毛効果をより一層高めることを可能に】
AGAクリニックの「AGAのメソセラピー」は有効成分を直接頭皮に注入することで、発毛効果をより一層高めることを可能にしたAGA治療です。痛みを感じることなく治療をすることが可能です。

【オリジナル発毛薬で発毛促進】
内服薬で体の内側から発毛しやすい環境を整えると同時に、外用薬で直接毛根に発毛促進を働きかけます。


低価格で効果抜群のAGAクリニック!
評価カウンセリング店舗
★★★★☆無料新橋の本院のみ
  • 育毛メソセラピーが1回2万円以下
  • 一人ひとりにあわせた治療法を提案

【安心して通える治療費設定】
どれだけ効果のある治療であっても継続的に続けていく事が出来なければ意味がないというクリニックの行動指針の元、患者の負担を理解し安心して通える治療費設定となっています。

【明朗な情報開示】
効果・費用・副作用など、治療を行うにあたって不安や心配なこと等、ホームページや診療を通じて正しい情報を積極的に提供しています。


1年間の来院者数100万人超!
評価カウンセリング店舗
★★★★☆無料72院
  • 症例件数が多い
  • プロペシアが安い

【治療後1か月で効果を実感】
新治療ダブルマトリックスは、1回の治療、1ヵ月で効果を実感することができるAGA治療の概念を覆す新治療法です。

【発毛実感率99%】
AGA薄毛を改善したい方、自分に最も適しているものを選択したいという方は、発毛実感率99%のオーダーメイド処方のAGA治療薬がおすすめです。

まとめ

今、薄毛やハゲにお悩みの方、市販の育毛剤や治療薬など自力では上手くいかなかった方は、信頼と実績のあるAGAクリニックのご利用がオススメです。

������������23���の方向けはじめての若ハゲ治療Q&A

若ハゲ治療を考えているが一歩踏み出せないという方、病院選びで後悔したくない方、まずはAGAクリニックの処方薬や治療法・費用について知ることが重要です。若ハゲ治療に関係した様々な情報をQ&A方式でご紹介します。

Q.M字の若ハゲにも効果はありますか?

A.症状の進行度に応じて効果が現れます。

AGAは症状が進行すればする程、治療が難しくなりますが早く治療を開始することで、改善が難しいとされる額・M字部分が改善した症例も多数あります。

Q.発毛の効果はいつ頃実感できますか?

A.3ヶ月~6ヶ月程度が目安となっています。

個人差はありますが、通常3~6ヶ月程度で効果を実感できる方が多いです。治療については、約6ヶ月~1年継続治療されることをお勧めします。

Q.若ハゲ治療は一生涯続ける必要がありますか?

A.いいえ。

ただし、独自の判断による治療の中止は脱毛を引き起こす可能性があります。 医師の指導の下、治療止めても問題無しと判断されれば大丈夫です。

Q.タバコはやめた方がいいですか?

A.可能であれば止めることをおすすめします。

ニコチンによる血管収縮作用が頭皮への血流が低下させ、治療効果に影響が出る可能性があると言われています。 また、喫煙者と非喫煙者での発毛効果に差異があることが報告があります。

Q.若ハゲ治療は健康保険の対象ですか?

A.いいえ。

自費診療のみです。厚生労働省の通達によって、薄毛・AGAの保険適応はなされていません。

Q.市販の育毛剤を併用しても大丈夫ですか?

A.医師にご相談ください。

クリニックで処方された外用薬と育毛剤の成分が化学反応を起こすと、アレルギーやかぶれなどの原因となる可能性があります。 併用される場合はAGAクリニックの専門の医師に相談されることをお勧めします。

若ハゲ治療の基礎知識コラム

男性型脱毛症(AGA)は進行性の脱毛症です。



思春期以降であれば誰でも発症し得るものであり、前頭部からはじまり段階的にM字状に髪の毛が薄くなっていきます。


それとともに頭頂部を中心に薄毛が広がるので、症状としては判りやすいです。
なぜAGAの症状が出る人とそうでない人がいるのかは、昔から研究されていますが、解明しきれているとは言えません。

けれどもテストステロンという男性ホルモンの存在が重要な要因として挙げられています。AGAは遺伝により大きな影響を受けますから根本的に完治できるということはありません。AGAになるかならないかは引き継いだ遺伝子によって変わるので遺伝子治療をしない限りはAGAは完治しません。
従って、AGA治療をやめてしまえば残念ながら、抜毛や薄毛は再開します。そうは言っても、AGA治療で使われるプロペシアやミノキシジルも医薬品なので副作用の心配がありますから、一生使い続けるのは危険です。

飲み薬であるプロペシアは男性ホルモンを抑える薬ですからライフステージの変わり目がやめどきかもしれません。男性型脱毛症(AGA)の治療には公的な医療保険が適用されず、治療にも長い時間を要するため、月単位、年単位と考えていけば患者の費用負担は軽いものではありません。現在主流の2種類の治療薬のなかでもプロペシアは、すでに後発医薬品(ジェネリック)があるので、そちらを代わりに使うのもかなりの節約になります。

これまでも海外ではジェネリック医薬品が何種類も売られていたのですが、最近になって日本でもようやく国産ジェネリック医薬品がすでに販売されています。
専門医にかかることや植毛といったAGA対策はたしかに有効な手段ではあるものの、身体をより健康にしていくために生活全般を改善することもAGAの治療を進めていく中では重要な要素だと思います。

誰でもそうですが、新陳代謝が悪い状態では頑張って通院治療を続けていてもあまり満足のいく効果は得られません。飲み過ぎや食べ過ぎなどに注意し、充分な睡眠時間をとり、入浴で血行を良くするなど、全部は無理でも少しずつ改良していくことが大事です。AGA治療は保険適用がない自由診療なので医療費は100%自腹になります。医薬品のプロペシアは医師の処方箋が必要なので1回の受診で約3000円の費用がかかります。



その上、プロペシアが1錠250円(万有製薬公式価格)ですから診察料と薬代で、1か月1万円以上の費用がかかる計算になります。ミノキシジルは医薬部外品なので薬剤師がいる薬局なら誰でも買う事ができます。大正製薬のリアップX5はミノキシジルを5%も配合しているので効果が期待できますがこちらもプロペシアと同じくらい高価な育毛剤です。男性型脱毛症の治療は保険がきかず負担が大きいのですが、医療費控除の対象にはなりえます。



一年間の医療費の総額が10万円を超える場合、確定申告でその超過分を控除することができます。
所得税の還付が少なくても住民税は所得税の約3倍安くなるので、AGAの医療費控除効果は大きいのです。



ちなみに医療費控除というのは合算方式で、同じ家計内の1年間の医療費が合算して10万円超であれば良いのです。それに風邪薬や鎮痛剤など市販の薬も控除対象ですから、領収証は捨てないことです。


������������23���の方向け若ハゲ治療お役立ち情報

おすすめ1位のAGAスキンクリニック

若ハゲ治療するなら